資金繰りと運転資金との関係

中小企業などが経営するに差し当たって、どの程度の運転資金を要するのかを把握しておくことは良好な資金繰りのためには不可欠なことです。当記事をお読みになることによって、自社にどの程度の運転資金を要するかを迅速に把握できれば幸いです。

【資金繰りと運転資金との関係】

分かりやすいところでいうと、物販業にたとえてみましょう。物販業では商品を仕入れ、その代金を支払い、在庫として管理をし、製品として販売し、その支払い金額を対価として得ることができます。

仕入れの際に、その金額をいつ払うかを買掛サイトと称します。そして、在庫数をどの程度にしておくかを適正在庫、支払い金額をいつ得ることができるかについては売掛金となります。

買掛金を支払う時点が、売掛金回収の時点よりも遅れていれば、その売上のなかから仕入に係る金額を支払えば済む話ですから、運転資金は何ら欠乏することはありません。しかし、売掛金回収より先に、買掛金を払う場合、運転資金が欠乏する可能性があります。

そして、在庫についても注意が必要なのですよ。あまりにも在庫が過剰となれば、また保管されている期間が長期に及べば、運転資金の欠乏している状態が長期化することになるわけです。

運転資金が不足すれば、それは事業に携わることが不可能ということに陥るわけですから、自己資金かあるいは借入によって充当していく必要が生じるわけなのです。

【運転資金の求め方】

運転資金にどの程度要するかを計算するためには、売上債権に棚卸資産を加えたものから仕入債務を差し引きます。これが運転資金となるわけです。このような求め方についてすぐさま納得する人もいれば、仕入債務をなぜ差し引くのかについて疑問に感じる人もいるのではないでしょうか。

運転資金の求め方は単純なものですが、頭に詰め込むよりも、なぜこのようになるのかといったように考え方を身につけておくことが重要です。

【なぜ運転資金はこのような求め方になるのか】

売上債権と棚卸資産とを合わせたものから買入債務をマイナスしたものが運転資金でしたよね。しかし、これがどのような原理になっているかについては、売上債権と買入債務とがどのような関係性になっているかを踏まえることで簡単に理解することができます。

まず、売上債権とは、貸借対照表上では未収金にも該当するものですが、売上として算入されはするものの、未だ現金化はなされていないもののことを指します。そのため、売上債権そのものがいくら高額であったにせよ、実際に自社に現金として支払われてはいないことを示したものです。

すなわち、売上債権と棚卸資産については、実際に支払われるまでに時間差が出てくるということなのです。そのため、現実として支払を受けるまでは売上債権や棚卸資産として計上されている部分については、実際の運用上、様々な手法を用いて補完しておく必要性が生じます。現金が会社にあるならばそこから充当できますが、もしないとすれば銀行などの金融機関から借入をしておくことを要します。

他方、仕入債務とは、支払期日の到来日に支払わなければならないものの、当該期日が到来しない限りは支払わなくても構いません。そのため、目下は運転資金からマイナスしていくことになります。

【資金繰りは長期的な視野で考えることが重要】

当然ながら、どのような事業であってもたかだか1カ月や2カ月程度で済むという前提ではなく、普通は何年間も、あるいはそれ以上の期間、連綿として継続する恒久的なものとなるわけです。

このうち、短期的なスパンで見ていくとすると、売上債権と棚卸資産、それに仕入債務がいくらであるかを把握できるのですが、月商ということであれば概ね変動していることが現実です。

これが通常運用になることで、運転資金の算出にも期待が持てるようになってきます。現時点における経営状況で必要となる運転資金を賄うためには、自社からの資金で充当できるのか、あるいは金融機関から借入しなければならないかなどといった戦略がここで初めて意味をなしてくるわけです。

売上債権が上昇することが予期できるとすれば、要求される運転資金もこれにともない上昇してきます。そのため、資金繰りについては徳に入念になさなければならないのです。

【資金繰りと運転資金についてまとめ】

事業者であろうと経営者であろうと左右されることなく資金繰りの知識は欠かせないものです。

資金が必要な際に用意できなければ、黒字倒産という結末を迎えることとなるでしょう。売上があり、資金も潤沢であれば、そのような懸念もあまり必要ないのですが、大企業以外のほとんどの企業であれば、このリスクがあるといえ、資金繰りについて把握しておく必要性があるといえます。

そのため、資金繰りをしていく上で、運転資金がいかほど要するのかを徹底して把握しておくことが重要といえるでしょう。また、資金繰りや運転資金の概念そのものについても経営していく上で不可欠なものです。